家族や周りの人にも知られないで済む方法でお金を作る。急ぎなのに身近な誰からも借りられないときにこそ役立つ情報

お金を作る即日に作るには【お金作る方法】家族や周りの人にも知られないで済む方法

お金を作る即日

2018年10月30日 15時48分

  1. お金を作る即日
  2. なんとかしてお金を作る
  3. 消費者金融のカードローンで借りる
  4. 消費者金融会社のカードローンなら即日で借りれる
  5. 大手以外の消費者金融会社
  6. 中小消費者金融会社と街金

 


 

お金を作る即日

即日でお金を作る方法が知りたいのであれば、まずはキャッシングに挑戦してみて下さい。これでもし審査に通らないとかでお金が借りれない場合、カードローン以外で即日お金を作る方法を考える事となるでしょう。

キャッシングがだめだった場合、大手のカードローンで通用しない可能性が高くなるので、クレジットカードなんかも勿論だめです。でも、最短でお金を作る方法としてはキャッシングがベストですので、これがだめとなればネットで即日お金を作る方法として、買取サイトで物を売る、ヤフオクで即決出品をする、ポイントサイトで簡単に現金化を利用する。こんな所かもしれませんね。

グレーゾーンとして既にクレジットカードをお持ちの方でしたら、カードの現金化を扱っている業者から現金化によるキャッシュバック還元によりお金を作る方法もあるでしょう。即日でお金を作るのでしたら、これらの方法から選ぶ必要が出てくるでしょうし、カードローン以外で検討しなければいけませんからね。

治験のアルバイトでも高い報酬は出ますが、数日間の入院とか通院が必要ですので、即日でお金を作る方法とは言い難いでしょう。数日後のお礼金が出るまで待たないといけませんから、色々と参加条件もあるので誰でもOKとはいかないのも考え所でしょう。やっぱり即日でお金を作るのであれば、ネット買取、ネットオークション、ネットの現金化。これがカードローンを除いて一番最短の方法となると思います。

何もしなければお金が足りないでしょうし、現状も変わらないでしょう、欲しいものだって何も買えないでしょう。仕事で稼ぎたいと言っても限度があるでしょうしすぐに日払いとかなら出ますが、即日給料が出るわけでもないですよね。

ある程度お金を即日で作りたい稼ぎたいと思うのであれば、おすすめは買取サイト、ヤフオク、クレカの現金化などと考えられますね。即日闇金からお金を作るっていうのはナシの方向でお願いします…。
 
▲メニューに戻る
 
 

なんとかしてお金を作る

お金が必要となるときはいつも急な時が多いです。ですからそのときのために普通だったら貯金をして急な出費に備えなくてはいけません。しかし、みんながみんなそのように計画的にお金を貯めることができる人ばかりではないのです。

貯金があるどころか借金しかないマイナスの人生を送っている人もいることでしょう。そのような人が急な出費が必要な事態になったらどうしたらいいのでしょうか。まずは自分で何とかできないかを考えたほうがいいでしょう。

いきなりお金を借りることを考えてしまうと、お金が必要になったらすぐに借りることばかり考えてしまうからです。しかし、お金を調達する、お金を借りる境界線というのはどういったところで引いたらいいのでしょうか。それは自分で調達できそうなお金と、いつまでにお金が必要かを考えなくてはいけません。

2,3日中に3万円が必要というのでしたら、すぐに日払いのバイトがあれば、3日働くことでお金を調達することができるでしょう。もっとも日払いのバイトとなるとガテン系の仕事しかないでしょうから、体力勝負になるのは間違いありません。ですから、自分の体調としっかり相談しなくてはいけません。昼間のメインの仕事を持っているようでしたら、土日を使っての夜の仕事ということになります。そういったタイムスケジュールもしっかり把握して、資金繰りを考えましょう。

どうしても難しい場合は、3万円以内のお金でしたら、なんとか友人知人に頼み込んで借りることができるギリギリの線かもしれません。お金の貸借りのできる友人というのもそれほど多くはありません。しかし、そういった友人がいるのであればそれは貴重な存在ですから、ぜひとも頼るといいでしょう。そのかわりしっかり返済しなくてはいけませんし、借りる側から借用書をあらかじめ用意しておくなどの誠意も忘れないようにしましょう。

普段からお金の貸借りをしている友人でしたら、3万円くらいは普通に出してくれることでしょう。こういったときは持ちつ持たれつですから、好意に甘えましょう。逆の立場でも同じようなことが起こるはずです。友人知人でもお金の貸借りのできる間柄というのは今の時代は珍しいといえます。貴重な存在ですから、こういったときは頼っても何ら問題はありません。

また、そういったお金の貸借りのできる友人知人がいるほうが珍しいですから、反対にそんな友人がいない人は、前述したように日払いのバイトで働くしかないでしょう。一晩働いたら1万円にはなります。しかし、3万円必要なら3日3晩働くことになるのでさすがに体がもちそうにありません。そういったときは、家にある不要品を買取業者などに買取ってもらうようにしましょう。不要品がなくなるのですから一石二鳥といえます。

もっとも、自分にとっての不要品でしたら誰にとっても不要品ですから、それほどの高値は付きません。というよりも不要品ですから当然といえば当然です。すべてが数百円程度の買取り値でしたら、希望金額に到達していないかもしれません。そこで買取値が安いからと断ることができるのですが、よほどこだわりのありそうな買取り物でないかぎりどこも買取値は変わらないでしょう。

お金が必要なときですし、時間のロスにもなるので、言い値ではありますが、買取り業者の声に耳を傾けるようにしましょう。他には生命保険があれば、契約者貸付けといって積み立てた保険料の何割かを借りる事ができるのです。

担保が自分が積み立てたお金と生命保険ですから、審査もなくすぐにお金を貸してくれます。もちろん返済しなければ生命保険は強制解約です。かなりの損失になるので、確実に返済していくようにしましょう。お金が必要なときにすぐに用立てしてくれるので、かなり有効です。

リスキーではあるのですが返済計画がしっかりしていればそれほど、身構えることはないでしょう。生活資金が足りないのでしたら、生活福祉金など公的機関から借りることができます。しかし、かなりの少額ですし、お金をもらうまでに時間がかかるので危急のときには役に立ちません。

これまで書いてきた以外でお金を調達しようと思ったら、あとは銀行や消費者金融会社しかないでしょう。銀行カードローンがいいのですが、審査が厳しいといったデメリットがあります。

また、銀行カードローンは即日融資に対応できなくなっているので、お金がすぐに必要という人には薬に立たないでしょう。警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけないので、アクセスして得る照会情報は翌日以降ででないと得ることができませ。そのため、物理的に銀行カードローンの即日融資は無理となったのです。

もっとも、銀行カードローンの審査は厳しく申し込みをしても30%程度の審査通過率ということですから、かなり厳しいと考えていいでしょう。審査に通る30%の人の多くは正規雇用の人です。

そして、残りの70%の審査に落ちる人の多くは非正規雇用の人なのです。この違いは収入の違いもあるのですが、あくまでも安定した収入があるのかがポイントとなります。安定した収入というのが銀行の解釈では、雇用が将来にわたって安定かつ保証されている人です。これが正規雇用の人であり、自分から辞めない限りはずっと今の会社で働くことができます。

一方で非正規雇用の人は自分の判断だけでは無く、雇用の有無を会社が握っているので、いつでも更新時に雇用契約を更新しなくてもいいという権限があるのです。このことから非正規雇用の人は収入が将来にわたって安定しているとはいえません。このあたりの違いが銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に通らないといったことになってしまうのです。
 
▲メニューに戻る
 

 

消費者金融のカードローンで借りる

すぐにお金が欲しい場合、それも即日ということになれば、選択肢は消費者金融会社しかありません。銀行カードローンではだめなのかというと、即日でお金を作らなければいけない…即日融資が前提ということになれば、銀行カードローンは物理的に即日融資が無理となっているのです。

これは、銀行カードローン利用者の信用情報を、警察庁のデータベースに照会しなくてはいけないからです。その照会情報を得るのは当日では無理で翌日以降になるということです。そうなると物理的に即日融資というのは無理ですから、銀行カードローンからはすぐにお金を借りることはできないということになるのです。

ここ数年増えてきた不正融資を防止するためということですが、銀行のここ数年の過剰融資にストップをかける狙いもあったのかもしれません。2017年はここ数年来ずっと自己破産件数が減少していたのですが、2017年に一転して増加に転じました。消費者金融会社からの借り入れは減少しているのですが、銀行カードローンからの借り入れがその反動から多くなっているのが、自己破産件数の増加につながっていると考えられているのです。

総務省や金融庁の通達などから、銀行カードローンも個人への融資を引き締めるようになってきました。もともと属性が低い非正規雇用の人でしたら、それほど関係がないのかもしれませんが、今後は正規雇用の人でもある一定の水準に属性がないと銀行カードローンからの借り入れは難しくなったと考えていいでしょう。

そうすると、どうしたらいいのかというと銀行カードローンで即日融資を利用することができないのですから、消費者金融会社のカードローンに頼るしかないということです。
 
▲メニューに戻る
 

 

消費者金融会社のカードローンなら即日で借りれる

即日でお金を作ることを考えるとなると、消費者金融会社しかありません。今日すぐにお金が必要になるという人はなかなかいないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、お金が必要になるというのは急なことが多いです。

そして、お金が必要ということは現金を手にしなければいけないということですから、銀行に振り込んでくれる場合は銀行の営業時間も気にしなくてはいけません。その点消費者金融会社のカードローンでしたら、専用のATMもありますしコンビニATMもあるので、すぐにでもキャッシングが可能なのです。

それには、消費者金融会社のカードローンの多彩な申し込み方法があるのも見逃せません。WEBでの申し込みや店頭での申し込みももちろんですが、傘下にあるメガバンクなどの行内に設置してある自動契約機を使うことができます。さらに、主要都市の各地に設置してある無人契約機も利用可能です。

お金が必要となったのが昼過ぎや夕方だった場合、普通だったらあきらめるしかないのですが、アコムやプロミス、レイクにアイフルといった大手消費者金融会社の無人契約機でしたら、そういった時間でも当然ですが、カードローンの融資の申し込みができます。さらにその日の22時までに審査が済むようでしたら、無人契約機からローンカードが発行されて、それを持ってコンビニATMに行けばすぐにでもキャッシングができるのです。
 
▲メニューに戻る
 

 

大手以外の消費者金融会社

消費者金融会社は、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社だけではありません。むしろ消費者金融会社は国内に2,000社近くあるのですが、大手消費者金融会社は数社程度しかないので、他のほとんどの消費者金融会社は中小消費者金融会社、さらに小規模な消費者金融会社である街金ということになるのです。

大手以外の消費者金融会社は、大手のように無人契約機といったものはありませんから、中小消費者金融会社の場合でしたら、公式サイトからの申し込みあるいは、電話連絡の上来店するかのどちらかになります。

中小消費者金融会社はその業容が幅広く、中には大手消費者金融会社と同様にカードローンを取り扱っている中小消費者金融会社もあります。ただし、無人契約機の接地をしているわけではないので、即日融資を受けるためにはできるだけ早く、中小消費者金融会社の店頭にいくべきでしょう。

WEBでも即日融資を謳っていますが、返事待ちの状態になるので、確実なのは店頭窓口で融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。資金調達をする場合は直接交渉がどのような場合でも、もっとも有効です。
 
▲メニューに戻る
 

 

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社のほとんどが中小消費者金融会社と街金です。審査も緩く属性に不安のある人でも、ブラックではない限り審査に落ちることはないでしょう。ブラックでも借りることができたというくらいです。

いずれにしても即日融資を狙うなら、できるだけ早く午前中に窓口に行くべきでしょう。現金の手渡しということはしていないので、銀行振込となると、15時間での振込が必要になります。書類などに不手際があると時間がかかってしまうので、事前の書類の確認も必須です。

街金の場合、審査は独自審査が多いので、電話での在籍確認が必須となります。在籍確認が難しい場合は働いている証明などが必要となり、健康保険証の提示ができればいいのですが、当然ですが国保ではだめなので、その点にも注意しましょう。
 
▲メニューに戻る