家族や周りの人にも知られないで済む方法でお金を作る。急ぎなのに身近な誰からも借りられないときにこそ役立つ情報

お金を作る即日に作るには【お金作る方法】家族や周りの人にも知られないで済む方法

明日までにお金を作る方法

2018年10月31日 15時58分

  1. お金をなんとかして調達する
  2. 働いて稼ぐ
  3. クレジットカードのキャッシング
  4. 銀行や消費者金融会社から借りる
  5. ブラックでも借りれる?
 
 

お金をなんとかして調達する

お金が急に必要になって、なんとかしてお金を作らなくてはいけないときはどうしたらいいのでしょうか。お金の額にもよりますが、まずは友人知人を頼るのが得策でしょう。必要な額が2万円あるいは3万円までなら、頼み込めばなんとかしてくれるでしょう。

もっとも、借りる側も誠意を見せる意味でも借用書をこちらから用意していくようにしましょう。水くさいとか言われそうですが、マナーというか気持ちの面を友人知人といえどもしっかりと見せなくてはいけないのです。

友人知人もそのくらい真剣なんだということがわかって、快くお金を貸してくれることでしょう。わずかな金額ですから、次の給料が出たときに必ず返済することはきちんと伝えなくてはいけません。友人知人も自分の小遣いあるいは手持ち資金から出してくれているはずですから、そういった思いには必ず報いなければいけません。というよりも返済しない問い選択肢はありえないので、給料が出たら必ず最優先で返済するようにしましょう。

もっとも、友人に頼るお金の上限というのはどのくらいでしょうか。友人知人の経済力によるところもあるでしょう。お金持ちだったらもっと借りてもいいのかもしれませんが、世間一般的な常識としてやはり2万円3万円くらいが相場と言えるでしょう。いずれにしても借用書をしっかりと用意して、一筆書いてもらうようにしたほうがいいのは間違いありません。

また、それ以上のお金が必要なときはどうしたらいいのでしょうか。さすがにそれ以上のお金になると友人知人を頼るのは難しいでしょう。そうなると次に頼るのは身内ということになります。身内でしたら遠慮は必要ないのでいくらでも…というわけにはいきませんが必要なお金を借りるようにしましょう。

また、身内や友人知人を頼るのが一番いいのですが、自分がそうであるように友人知人もお金に困っているようでしたら、さすがにお金を借りることはできないでしょう。身内も裕福であればお金を貸してくれるのでしょうが、お金に窮乏していたらお金を貸してくれることはないでしょう。

身内や湯友人知人に頼るメリットは金利がかからないことはもちろんですが、銀行や消費者金融会社からお金を借りると信用情報に残ってしまい、一時的に信用度が下がってしまうのです。きちんと返済していくことで信用情報は回復していくのですが、返済できなければ、ブラック状態になり、新たな借金ができないとかクレジットカードを持てないといった社会的制裁を受けることになります。そうならないためにも、できるだけ身内や友人知人に頼ったお金の借り方を考えたほうがいいのです。

それでも友人知人や身内を頼ることができないときはどうしたらいいのでしょうか。そういうときはいよいよ銀行や消費者金融会社に頼ったほうがいいのかもしれません。

しかし、その前にまだ、いろいろ手があるのです。必要なお金がそれほど多くない場合たとえば、1万円とか2万円といった必要なお金が少ない場合でしたら、自宅にある不要品を買い取ってもらうように買い取り業者に依頼しましょう。不要品ですからそれほど買い取り金額は高くないでしょう。それぞれ数百円くらいかもしれませんが、それでも数多くの不要品を売ると1万円くらいには届くものです。

もっとも、高く買ったのに数百円でしか、買い取りしてもらえないということで、これでは売れないと思ってしまうこともあるでしょう。不要品ですから、家に残しておいても使いません。ですから、購入したときにいくら高かったと入っても、家に置いておいても不要品のゴミにしかならないのであれば、買い取り金額がつくのでしたら、買い取りしてもらったほうがいいのです。

購入してから数年数十年と家にあるものでしたら、例え不要品といえども愛着がわいてくるものです。しかし、人間に寿命があるようにものにも寿命がありますし、本人に思い入れがあっても他の人には全くの無用の長物ということでしたら、やはり不要と思ったときに買い取りしてもらうのが一番なのです。ですから、二束三文にしかならないものでも、値がつくのでしたら買い取りしてもらうほうがいいでしょう。

それと、どうしても不要品だけでは目標の金額に到達しないという場合もあるでしょう。そのときはどうしたらいいのでしょうか。コミックなど全巻あるのでしたらかなり高額で買い取りしてもらえます。そのときは価値のわかる古本屋のほうがいいでしょう。コミックも愛着があると言っても、一度読めばたいていのことは大丈夫です。記憶には残っているので、必要なお金と天秤にかけてよく考えるようにしましょう。

そして、それでも足りないといったときはどうしたらいいのでしょうか。最重要なのはお金を工面すること…ということでしたら、今度は家で使っているもの、つまりは不要品でないものを買い取りしてもらうしかありません。

どういったものがあるかというと、パソコンとかテレビなどは、比較的高額になります。それでも購入時の価格の10分の1以下と考えたほうがいいでしょう。5万円のテレビでしたら5千円ということです。それでもその5千円がほしいのであれば、買い取りをしてもらいましょう。

それでも必要金額に届かなければ、他の必要な品物、パソコンなども買い取りに出すといいでしょう。20万円のパソコンでしたら2万円くらいにはなると思います。このくらい買い取りしてもらうと必要金額には到達すると思います。そして、お金が工面できたら、今度は家にテレビが無い、パソコンが無いとなってしまうのです。

今度はお金を貯めてテレビやパソコンを購入しなくてはいけないのですが、そのときは当然ですが、5千円で買い取りしてもらったテレビを買い戻すのでしたら、5万円かかりますし、パソコンの場合でしたら20万円かかるということです。ですから、できるだけ必要品は買い取りしてもらわないほうがいいのです。

買い取りしてもらう以外の資金調達の方法でしたら、生命保険に入っていたら、契約者貸付けが利用できます。積立型の生命保険のみなのですが、積み立てたお金を借りることができるのです。自分の支払ったお金が担保になるのですから、審査などは必要なくすぐに用立ててくれるでしょう。もっとも、きちんと返済しないと生命保険の強制解約になってしまうので注意が必要です。
 
▲メニューに戻る
 

 

働いて稼ぐ

明日までにお金を作る方法としては弱いかもしれませんが、必要なお金が1万円とか、あと1万円足りないという場合でしたら、一晩がんばって働くことで日銭を稼ぐという方法があります。条件としては日払いの仕事ということになります。

これは女性の場合でしたら、風俗の仕事などが日払いに対応しています。一方の男性の場合でしたら、風俗といってもホストクラブくらいしかなく、すぐに日払いのバイトというのは難しいでしょう。

そうなるとどうしたらいいのかというと、ガテン系のバイトをするのです。簡単に言うと建築業関係の現場の仕事です。現在でも日払いのバイトを扱っていますし、その日限りの労災保険の加入もできるので、もしも仕事中に事故があって怪我をしても安心です。

ネットのガテン系の日払いで検索すると仕事を簡単に見つけることができます。気をつけないと行けないのはかなりきつい仕事になるので、体調管理には十分気をつけるようにしましょう。一晩の仕事になりますが、1万円程度は支払ってくれるので、後1万円が必要というときにガテン系のバイトで自分の力でお金を稼ぐ方法が有り、体力的にはきついのですが、気持ち的には最も楽な方法といえるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

クレジットカードのキャッシング

自力で調達するのが金銭的に難しいときは、銀行や消費者金融会社からお金を借りるしかないでしょう。他にもクレジットカードのキャッシング機能を使うという方法があります。すでにクレジットカードを持っているということは、利用限度額内であればいくらでもキャッシングができます。

審査はどうなっているのかということですが、クレジットカードを作るときにすでに審査に通っているので、いつでもキャッシング機能を使ってお金を引き出すことができます。翌月一括返済でもショッピングと違って返済利息がかかりますが、翌月と言うことで長くて1ヵ月分の金利と言うことでそれほど高金利になるわけではありません。

気をつけたいのは。クレジットカードのキャッシングの返済がデフォルトでリボ払いに設定されていることがあります。これは分割ローンに似ているのですが、毎月の払い額が固定というものです。ですから、新たな買い物をしても毎月の支払額はそれまでと全く変わりません。

それでは何が変わったのかというと、支払期間が後ろに延びたのです。リボルビング払いにするといつまでたっても返済が終わらないというのは、ここに答えがありそうです。
 
▲メニューに戻る
 

 

銀行や消費者金融会社から借りる

もっともオーソドックスな方法が、銀行や消費者金融会社からお金を借りる方法です。もっとも先に言っておかなければいけませんが、銀行カードローンなど銀行からの借り入れは、かつては即日融資を大々的にアピールしてきましたが、減愛では、即日融資に対応していません。

それはどうしてかというと、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられて、その照会情報を得るのが翌日以降になっているのです。ですから、必然的に即日融資に対応できず、翌日以降になるので最短でも翌日です。

明日までにお金が必要と言うときに借りることができるのかどうか怪しいですから、銀行カードローンは借り入れ先からは除外するか、万に一つの可能性にかけてみるかのどちらかでしょう。お金の調達がかなり人生を左右するというのでしたら、あまりギャンブルはしないほうがいでしょう。

そうなると、即日融資ができるのは消費者金宇愉快社のカードローンということになります。WEBでの申し込みも迅速に対応してくれますし、何よりも無人契約機があちこちにありますから、ここでの申し込みが最も融資までの時間を短縮できます。

また、遅い時間に明日までにお金が必要とわかったときでも、無人契約機の手続きが22時までに終わるようでしたら、十分のその日のうちに融資を受けることができます。
 
▲メニューに戻る
 

 

ブラックでも借りれる?

延滞を繰り返し、最終的に返済不能となり、金融事故を起こしてブラックとなった人は債務整理をしなくてはいけません。その中でも返済を続ける任意整理がもっとも、債務者にとって良い方法です。

何よりも財産が没収されず、借金も減額され、支払いし利息も減少した返済の仕方になるので、かなり債務者に返済については有利となるのです。その分新たな借金ができない、クレジットカードが作れないなどの社会的制裁を受けることになります。

しかし、法律で借金ができないと決まっているわけではなく、業界の暗黙のルールでもあるのです。ですから、信用情報機関を通さない、独自審査をする中小消費者金融会社や街金の場合でしたら、ブラックでもお金の貸し出しをするところもあります。

少額融資となりますが、ブラックでもお金がどうしても必要というときは、中小消費者金融会社や街金を頼るといいでしょう。事前の情報としては、口コミサイトなどでブラックでも借りることができたという情報を頼りにするといいでしょう。もっとも、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので注意が必要です。
 
▲メニューに戻る